スムーズな取引


新たに住まいを建てたいと考える方の中には、土地を所有するために予算が逼迫することも多く、予算の目標までしばらく貯金が必要になる方もいます。そんなときに役立つのが借地権つきの建物で、地主に土地を借りる形で建物を建てることで、安値で住まいを手に入れることが出来ます。現在遺産相続などで借地権を所有している方は、借地権を売却することで利益を得ることが出来る可能性がありますが、実際のところスムーズに借地権は買取ってもらえるのでしょうか。

借地権の売買は、地主や借主と相談して、売却を認めてもらう必要があります。借地権は契約内容に応じて保証される期間が異なりますが、一般的な住宅なら初回の契約で30年は保証されています。当然契約を解約する必要があるので、事前の話し合いで解約が認められない場合はどうすることも出来ません。さらに借地権はそれほど高額ではなく、第三者が新たに地主と契約を結ぶことも少ないので、高値で売却したいときは、お互いのコネを利用して買い手を見つけてもらうなどの協力が必須です。

スムーズに取引を進めるためにも、法律事務所などへの相談は必須です。いきなり裁判を起こして契約を解消してもらうような過激な手段は、今後の人間関係にも影響しますが、裁判までは起こさなくても、第三者を加えた話し合いによって、スムーズに交渉が進むことも多いので、早めに相談してアドバイスをもらったほうが良いでしょう。土地の所有権についての法律トラブルを専門に取り扱う事務所も多いので、事前に助けになってくれそうな法律事務所を探しておきましょう。