借地権の売買


借地権の売買については、自分が置かれている状況に応じて、どう行動すべきかが変わります。基本的に借地権は、借主と貸主との関係が大きく関わってくるので、どちらか片方が契約を見直したいときは、交渉に応じる必要がありますし、思うように手放すことが出来ない可能性も高いです。第三者に売却するか、地主や借地人間が購入するかでも、どう対応するかが変わってくるので、借地権の売買をスムーズに行うためにも、気をつけておくべき点を学んでおきましょう。

借地権は様々な人に売却することが出来ます。不動産会社などでは、借地権の売買を受け入れているところが多く、うまくいけば高値で売却できるかもしれません。このとき気をつけるべきなのが、土地の所有者の意向で、借地権の売却には地主の許可が必要です。一応裁判を起こすことも出来ますが、裁判費用がかかりますし、買い手が現れない場合、大きなマイナスを生む可能性も出てきます。

借地権を売却する際は、なるべく早く専門家に相談するようにしましょう。そもそもどういう契約内容で借地権を所有しているのかなど、基本的な情報を知る上でも、専門家のアドバイスがあるとスムーズに調査が進みます。売却を検討する場合も、貸主・借主ともに、専門化が間に立って話し合いを行ったほうが、説得に成功する可能性も高くなります。下手に裁判を起こしてしまうと、その後の人間関係にヒビが入ってしまうので、今後も良いお付き合いを続けるためにも、法律事務所などで、動向どうすべきか相談するのをオススメします。

Post navigation