売買の手段を探る


地主から土地を借りて、そこに建物を建てた際、建物を所有する権利を得るために、双方の同意の下、借地権を得ることが出来ます。借地権は地主に関係なく相続させることが可能なので、遺産相続で借地権を得る方もいるのですが、借地権は売却することでお金にすることが出来ます。とはいえ借地権の売買は地主の許可が必要な上、買い手がなかなか現れないことも多いので、法律事務所などと相談しつつ、どう売買を行うべきか相談してみましょう。

法律事務所では不動産などの財産の相続に関する相談を多く取り扱っています。当然借地権についてもよく相談を受けるので、より最適な方法で借地権を売買する方法を押してくれます。例えば第三者に借地権を売却するのではなく、地主に買取ってもらうという方法は、特に高値で買取ってもらえる可能性が高い方法として知られています。底地を処分して財産を整理したいと考える地主も多いので、専門家が間に入ることで、お互いが納得できる取引を行えるように支援します。

借地権の売買は借主と貸主の両方がかかわる権利なので、双方が納得できる形で売買できる方法を探すことが大切です。ひどい場合は裁判を起こすことになるまで話がこじれることもあるので、そうした事態を防ぐためにも、自分たちだけで勝手に話を進めず、弁護士などの専門家に相談する必要があります。無料相談を受け付けている法律事務所なども多いので、遺産相続で借地権を相続する可能性があるなら、いざ受け取ってから悩むことの無い様、事前に相談に乗ってもらう事務所を探してみましょう。

 

LINK【http://syakuchi-kaitori.com/】
借地権について無料相談を行っている“ピタットハウス”です。

Post navigation