カテゴリー: 未分類

売買の手段を探る


地主から土地を借りて、そこに建物を建てた際、建物を所有する権利を得るために、双方の同意の下、借地権を得ることが出来ます。借地権は地主に関係なく相続させることが可能なので、遺産相続で借地権を得る方もいるのですが、借地権は売却することでお金にすることが出来ます。とはいえ借地権の売買は地主の許可が必要な上、買い手がなかなか現れないことも多いので、法律事務所などと相談しつつ、どう売買を行うべきか相談してみましょう。

法律事務所では不動産などの財産の相続に関する相談を多く取り扱っています。当然借地権についてもよく相談を受けるので、より最適な方法で借地権を売買する方法を押してくれます。例えば第三者に借地権を売却するのではなく、地主に買取ってもらうという方法は、特に高値で買取ってもらえる可能性が高い方法として知られています。底地を処分して財産を整理したいと考える地主も多いので、専門家が間に入ることで、お互いが納得できる取引を行えるように支援します。

借地権の売買は借主と貸主の両方がかかわる権利なので、双方が納得できる形で売買できる方法を探すことが大切です。ひどい場合は裁判を起こすことになるまで話がこじれることもあるので、そうした事態を防ぐためにも、自分たちだけで勝手に話を進めず、弁護士などの専門家に相談する必要があります。無料相談を受け付けている法律事務所なども多いので、遺産相続で借地権を相続する可能性があるなら、いざ受け取ってから悩むことの無い様、事前に相談に乗ってもらう事務所を探してみましょう。

 

LINK【http://syakuchi-kaitori.com/】
借地権について無料相談を行っている“ピタットハウス”です。

スムーズな取引


新たに住まいを建てたいと考える方の中には、土地を所有するために予算が逼迫することも多く、予算の目標までしばらく貯金が必要になる方もいます。そんなときに役立つのが借地権つきの建物で、地主に土地を借りる形で建物を建てることで、安値で住まいを手に入れることが出来ます。現在遺産相続などで借地権を所有している方は、借地権を売却することで利益を得ることが出来る可能性がありますが、実際のところスムーズに借地権は買取ってもらえるのでしょうか。

借地権の売買は、地主や借主と相談して、売却を認めてもらう必要があります。借地権は契約内容に応じて保証される期間が異なりますが、一般的な住宅なら初回の契約で30年は保証されています。当然契約を解約する必要があるので、事前の話し合いで解約が認められない場合はどうすることも出来ません。さらに借地権はそれほど高額ではなく、第三者が新たに地主と契約を結ぶことも少ないので、高値で売却したいときは、お互いのコネを利用して買い手を見つけてもらうなどの協力が必須です。

スムーズに取引を進めるためにも、法律事務所などへの相談は必須です。いきなり裁判を起こして契約を解消してもらうような過激な手段は、今後の人間関係にも影響しますが、裁判までは起こさなくても、第三者を加えた話し合いによって、スムーズに交渉が進むことも多いので、早めに相談してアドバイスをもらったほうが良いでしょう。土地の所有権についての法律トラブルを専門に取り扱う事務所も多いので、事前に助けになってくれそうな法律事務所を探しておきましょう。

借地権の売買


借地権の売買については、自分が置かれている状況に応じて、どう行動すべきかが変わります。基本的に借地権は、借主と貸主との関係が大きく関わってくるので、どちらか片方が契約を見直したいときは、交渉に応じる必要がありますし、思うように手放すことが出来ない可能性も高いです。第三者に売却するか、地主や借地人間が購入するかでも、どう対応するかが変わってくるので、借地権の売買をスムーズに行うためにも、気をつけておくべき点を学んでおきましょう。

借地権は様々な人に売却することが出来ます。不動産会社などでは、借地権の売買を受け入れているところが多く、うまくいけば高値で売却できるかもしれません。このとき気をつけるべきなのが、土地の所有者の意向で、借地権の売却には地主の許可が必要です。一応裁判を起こすことも出来ますが、裁判費用がかかりますし、買い手が現れない場合、大きなマイナスを生む可能性も出てきます。

借地権を売却する際は、なるべく早く専門家に相談するようにしましょう。そもそもどういう契約内容で借地権を所有しているのかなど、基本的な情報を知る上でも、専門家のアドバイスがあるとスムーズに調査が進みます。売却を検討する場合も、貸主・借主ともに、専門化が間に立って話し合いを行ったほうが、説得に成功する可能性も高くなります。下手に裁判を起こしてしまうと、その後の人間関係にヒビが入ってしまうので、今後も良いお付き合いを続けるためにも、法律事務所などで、動向どうすべきか相談するのをオススメします。